蜂の子はストレスをやわらげる効果がある!

蜂の子は、ストレスを和らげる効果があります。
ここでは、蜂の子のストレスの予防、改善に対する働きや、効果のある成分について説明します。

ストレスを予防する3つの神経伝達物質

蜂の子は、ストレスの予防、緩和に大きく関わるセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンの生成に大きく関わっています。

セロトニンの働き

セロトニンは、神経伝達物質(神経から神経へ情報を伝える物質)のひとつで「幸せホルモン」とよばれています。
セロトニンは、精神を落ち着かせ、こころにやすらぎを与えて、ストレスを緩和する働きがあります。
また、セロトニンには、痛みを抑える働きもあるので、痛みを感じることによるストレスも軽減する効果があります。
さらに、セロトニンは、体内時計を調整し、決まった時間に眠くなるようにする働きがあるメラトニンの材料となるので、ストレスの原因となる不眠を予防、改善する効果もあります。

蜂の子には、このように、ストレスの予防、改善に大きな効果があるセロトニンの生成に関わる成分が多く含まれています。

セロトニンに関わる成分

トリプトファン

トリプトファンは、セロトニンの材料となります。

トリプトファンが不足すると、セロトニンもメラトニンも生成されないので、トリプトファンはストレスの予防、緩和に効果がある成分です。

グリシン

セロトニンを増やす働きがあります。

ナイアシン

ナイアシン(ビタミンB3)は、セロトニンとおなじくトリプトファンを材料につくられます。
しかし、セロトニンとナイアシンでは、ナイアシンが優先してつくられるため、ナイアシンが不足すると、セロトニンは生成されません。
ですので、セロトニンを増やすためには、ナイアシンが不足しないようにしなければなりません。

ドーパミン、ノルアドレナリンの働き

ドーパミンとノルアドレナリンは、やる気や集中力を高める効果があります。
ドーパミンやノルアドレナリンが不足すると、やる気が低下し、イライラしたり不安を感じたりしてストレスを感じます。

蜂の子には、ドーパミンとノルアドレナリンの材料となって、この2つを増やす効果がある成分が含まれています。  

ドーパミン、ノルアドレナリンに関わる成分

メチオニン

ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの材料となります。

フェニルアラニン、チロシン

ドーパミンやノルアドレナリンの材料となります。

軍隊の厳しい訓練を、チロシンを摂取した兵士と摂取していない兵士が受けた実験では、摂取した兵士の方が、ストレスに対して抵抗が強かったことが判明しています。

その他の精神を安定させる成分

蜂の子には、その他にも精神を安定させて、ストレスを予防、緩和する成分が含まれています。

亜鉛

亜鉛は、精神を安定させる働きがあります。

また、ストレスが発生すると亜鉛が消費されます。
ストレスによって亜鉛が不足すると、うつ状態になったり、記憶力が低下したりして、さらにストレスを感じる、という悪循環に陥る場合があります。

カルシウム、マグネシウム

カルシウムとマグネシウムは、イライラを防いで精神を安定させる働きがあります。
また、マグネシウムには、筋肉の緊張を緩めて、身体をリラックスさせてストレスを緩和する働きもあります。

その他のストレスの予防、緩和に効果がある成分

蜂の子には、その他の働きでストレスを予防、緩和する成分も含まれています。

リジン

リジンは、アルギニンと一緒に摂取すると、ストレスによる不安をやわらげる効果があることが、複数の研究によって判明しています。

蜂の子には、アルギニンも含まれているので、リジンによるストレス緩和の効果が期待できます。

パントテン酸

パントテン酸(ビタミンB5)は、「抗ストレスビタミン」ともよばれており、ストレスに対抗する働きがある副腎皮質ホルモンの生成をサポートします。

ビタミンB1

神経を正常に保ち、不安や興奮を感じにくくしてストレスに対する耐性を高める働きがあります。

ビタミンC

ストレスを感じると、ストレスに対抗する働きがある副腎皮質ホルモンが分泌されます。
ビタミンCは、副腎皮質ホルモンの生成に欠かせない成分なので、ビタミンCが不足すると、ストレスを強く感じてしまいます。

ストレスが引き起こす不調にも効果的

蜂の子は、ストレスが原因で引き起こされる不調の予防、改善にも効果があります。

活性酸素による不調を予防、改善する

細胞を攻撃し、酸化させて老化や肌のトラブルなど、身体にさまざまな不調を引き起こす活性酸素は、ストレスを感じると増加します。
蜂の子に含まれているビタミンCは、抗酸化作用があり、グリシンは体内の抗酸化物質グルタチオンの材料になります。

血圧を下げる

ストレスを感じると、血管が収縮して血圧が上がる場合があります。
蜂の子に含まれているアルギニンは、血管を拡張したり、血管に弾力を与える働きがある一酸化窒素を生成するので、収縮した血管を広げて血圧を下げる働きがあります。

不眠を予防、改善する

ストレスによる不眠には、入眠を促し、質のよい睡眠を促すグリシンが効果を発揮します。
また、上記の「精神を安定させるセロトニン」で説明したセロトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれる不眠に効果が高いメラトニンの材料となります。
ですので、セロトニンの材料となるトリプトファンには、不眠を予防、改善する効果もあります。

ストレスに対する蜂の子の実験の結果

みつばち健康科学研究所が、耳鳴りを伴う難聴者に、蜂の子もしくはプラセボ(偽薬)を12週間与え、問診、聴力検査、血液検査を調べる実験を行いました。
その結果、蜂の子を摂取したグループは、ストレスを感じると分泌される副腎皮質ホルモンのコチゾールの数値が下がることが判明しました。

なお、この実験には、酵素分解された蜂の子が使用されています。

まとめ

蜂の子には、

  • 精神を安定させてストレスを緩和する働きがあるセロトニンの生成に関わって、セロトニンを増やす
  • 意欲を向上させるドーパミンとノルアドレナリンの材料となって、ストレスに対抗する

という2つの働きがあります。
その他にも、ストレスを予防、緩和する働きがある成分を多く含んでいます。
また、ストレスによって引き起こされる活性酸素の増加や、血圧の上昇、不眠などを予防、改善する効果もあります。

蜂の子は、ストレスを感じると分泌される副腎皮質ホルモンのコチゾールを低下させる働きがあることが実験でも判明しているので、ストレスの予防、緩和には、蜂の子を摂取することをお勧めします。